Breaking News: Trump Hits Back at Pelosi, Threatening Her Trip to See Troops
ビジネス

魅力的なステッカー製作をするコツ3つ

ステッカーはいろいろなものに利用されることで知られています。単に販売するように作ったり、イベントのプロモーションに使ったり、おまけとして配ったり、アイテムのラベル、パッケージのデコレーションなどなどきりがありません。ステッカーは色々なものに使えてニーズに合わせてデザインを変えて使えるものです。小さいアイテムではありますが、材質や仕上がりを良いものにしてデザインが良ければ見た人に大きなインパクトを与えることができます。シンガポールのステッカープリントでデザインや制作をするときに何を準備しなければいけないか下記を読んで学んでいきましょう。こちらのオンラインショップをご覧くださいhttps://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/ 

1.4色のプロセスカラー 

ステッカープリントでは、ステッカーも含めたグッズの印刷に使われる方法と同じ4色印刷を選ぶことがベストです。パソコンでデザインをするときに使われる色の組み合わせは通常RGBなので、デザインを始める前に色の設定がCMYKとなっていることを必ず確認してください。しかし、RGBでデザインしても後から変換することもできます。ではどうしてデザインとプリントの色のマッチングが重要になってくるのでしょうか。それは、印刷を失敗しないような、より正確な色味で制作できるからです。もしRGBでデザインしてCMYKで印刷してしまったら、スクリーンで見ていたものと同じ色で印刷できない可能性があります。このような事態を避けるために、CMYKとしても知られている4色印刷を必ず利用するようにしましょう。 

2.大きなベタ塗りエリアを避ける 

色をきれいに印刷するためには、ステッカーをデザインするときに大きなベタ塗りエリアを分けることが重要です。通常、プリンターやカラー処理はベタ塗り部分が大きいときれいな見た目のステッカーを印刷するのが難しくなります。このようなものにより適している印刷プロセスのタイプはPANTONEカラーですが、残念ながら非常に高額になります。このため、もし予算を抑えたいなら、ベタ塗りエリアが大きくないデザインにするようにしてください。 

3.仕上げ 

ステッカーをもっと素敵に、高価に見えるようエレガントにするためには仕上げを選択できます。外部で利用しても長い期間利用できるようにステッカーを強化できるものもあります。普通はテカリを与えるためにコーティングを選ぶことが多いです。コーティングは湿気が多い場所や暑いところでも耐性を持たせることができるようになります。しかし、コーティングだけが仕上げに選べる選択肢ではありません。他にもたくさんの仕上げがあるので、イメージにぴったりと当てはまるようなものを探してみてください。 

Related posts
ビジネス

インドネシアにあなたの食品を輸入する方法は?

デザインビジネスブランディングマーケティング

デジタルマーケティングはスポーツ業界に利益をもたらすか? エージェンシーでは、彼らは答えを持っています

ビジネス

オンラインショップ運営の要、集客販路について

ビジネス

自分専用のゴム印を製作するべき3つの理由

Sign up for our Newsletter and
stay informed
[mc4wp_form id="14"]