Breaking News: Trump Hits Back at Pelosi, Threatening Her Trip to See Troops
ビジネス

個人輸入代行?…個人なのに、代行してもらうの(概念の説明)?

個人輸入代行という言葉は少し複雑です。考えてみてください。まずは、輸入という言葉。普通、これはプロが行うことです。いわゆる業者が担当して、海外から商品を持ち込みます。当然、この言葉にはそんな意味が含蓄されています。なぜなら、個人という言葉がつくと、反対の意味になるからです。個人がつくと…プロではない一般の人が自分で輸入をする、という意味になります。ここまではご理解頂いているでしょうか?さらに一歩先に進みます。今度は、代行という言葉が付きます。すると…今度は、プロセスを担当する人が、業者になります。

ここまでをまとめますと、最初は業者で、次が一般の人で、次がまた業者です。このような言葉の並びが、概念の理解を難しくしているのは事実です。はじめて個人輸入代行について調べる人がぶち当たる壁がこれです。今回は、この概念を詳しくご紹介します。厄介なことに、業者と業者の間に、個人が入り込んでいるのですね。なぜこのようなことが起こるかというと、歴史的な経緯のせいです。そもそも、お薬を輸入するのは普通、専門の業者です。しかし、日本の規制により、特定のお薬は薬局で販売したり、処方したりすることができません。そのようなお薬をどうしても手に入れたいという人が、個人的に、自分で使うために、輸入を始めました。これが個人輸入です。ここまではわかりやすいですね。そして、そのような一般の人が、問題に直面します。それが、言語であったり、法律であったり、あらゆる輸入手続きです。こんな流れがあって、一見すると複雑な用語になったのでした。お互いに打ち消しあうような言葉が連続しますが、順を追って考えれば、そこまで難しいことではありません。

Related posts
ビジネス

自社の社印を作る前に考える

ビジネス

オプションを増やすための「個人輸入」、商売としての「個人輸入」

ビジネス

ベストケンコーでお薬を安いジェネリック医薬品に代替するという話

ビジネス

個人輸入で失敗しないための基本中の基本の話

Sign up for our Newsletter and
stay informed
[mc4wp_form id="14"]