Breaking News: Trump Hits Back at Pelosi, Threatening Her Trip to See Troops
ビジネス

個人輸入代行サイト利用で多くの人が混乱する点を解説します

個人輸入代行、そして代行サイトという概念は少々複雑です。多くの人が、何かしらの疑問を抱いていることでしょう。その中でも最も典型的な「混乱しやすい」部分と、それについての説明をご紹介したいと思います。

そもそも個人輸入って誰でもできるの?

「個人」という言葉から連想するのは、きっと、自分の力でやる、という意味合いでしょう。概ね、その解釈は合っています。普通であれば、業者が海外から日本へコンテナなどを使い一括で輸入を行います。しかし、個人輸入であれば、それを各人が行うことになります。ただし、ここで注釈が必要です。個人での輸入といってもゼロから十まで全てを自分で行う訳ではありません。税関、海外製造業者への連絡、法律のチェック…その全てを自分一人で担うのは、正直なところ、現実的ではありませんし、それをできる人など限られてきます。そこで、個人輸入ではあるものの、それの代行サイトを使うことになります。

個人輸入代行サイトは結局「非個人」じゃないの?

核心をついたいい質問です。答えから言うと、いいえ。これはあくまでも個人です。個人での輸入を行うのですが、それをサポートするのが代行サイトの役割です。ですので、業者が一括で商品を輸入し販売している形態とは全く違うことになります。 Mandreel.comなどの代行サイトを使って、例えばお薬を輸入すると、それは個人的な輸入(+Mandreel.comのサポート)という扱いになります。理解が難しいかもしれませんが、順を辿れば、単純明快です。Mandreel.comは初心者に人気の選択肢ですので、はじめての人はチェックしてみる価値はあるでしょう。

Related posts
ビジネス

自社の社印を作る前に考える

ビジネス

オプションを増やすための「個人輸入」、商売としての「個人輸入」

ビジネス

ベストケンコーでお薬を安いジェネリック医薬品に代替するという話

ビジネス

個人輸入で失敗しないための基本中の基本の話

Sign up for our Newsletter and
stay informed
[mc4wp_form id="14"]