Breaking News: Trump Hits Back at Pelosi, Threatening Her Trip to See Troops
ビジネス

個人輸入と営利目的での貿易の違いについて

個人輸入という言葉は、以前よりも話題に上がることが増えました。でも、この言葉を本当の定義で使用できている、または理解できている人は少ないのではないでしょうか?何となくわかっているだけだと、法律に関係する問題にまでつながることもあります。ですので、個人輸入と営利目的での貿易の違いを明らかにしておきましょう。

業者が一般的に行う貿易は営利目的

基本から振り返っておきましょう。業者が海外から商品を輸入することの目的は何でしょうか?個人的に商品を使うためではありません。無料配布でもないでしょう。商品を日本国内で販売するために輸入しているのです。ですので、営利目的での事業となります。

個人輸入の定義とは?

一方で、個人輸入は、販売や譲渡を目的としていません。自分が使うためだけに輸入することになります。当然、個人での使用なのでロット数も少なくなります。輸入の仕方は多岐に渡ります。必ずしも、その個人が自力ですべての雑務をこなすとは限りません。むしろ、法律やお薬の規制などまで理解するのは現実的ではありませんので、ほとんどの人は、個人輸入をしながら、その実務を代行してもらうことになります。これこそが個人輸入の中身です。法律的には「自分で使うために海外から輸入」をします。そして、実務的には「詳しい人や業者に、輸入の代行を行ってもらう」というわけです。

個人輸入をする際の注意点

個人輸入は、前述の通り、代行を利用するのが一般的です。代行サイトはCohodataなどをはじめとしていくつもあります。どれを利用するかは好みでしょう。Cohodataの場合ですと、自らがどのような商品が欲しいのかを明確にして、お問い合わせをすることになります。Cohodataなどの代行サイトを使う際には、この記事の知識を前提として、全体の枠組みを把握するようにしてみてください。

Related posts
ビジネス

自社の社印を作る前に考える

ビジネス

オプションを増やすための「個人輸入」、商売としての「個人輸入」

ビジネス

ベストケンコーでお薬を安いジェネリック医薬品に代替するという話

ビジネス

個人輸入で失敗しないための基本中の基本の話

Sign up for our Newsletter and
stay informed
[mc4wp_form id="14"]