Breaking News: Trump Hits Back at Pelosi, Threatening Her Trip to See Troops
ビジネス

オプションを増やすための「個人輸入」、商売としての「個人輸入」

今回、お話するのは二つの「個人輸入」です。この言葉はちょっと曖昧かもしれません。または、多くの意味合いを含む、包括的な概念であると言うこともできます。1つ目の個人輸入は、あくまでも日々の物品購入の選択肢を増やすためのものです。そして二つ目は、海外から日本に輸入することで、個人事業主としてお金を稼ぐ手段です。これらが混同されて語られること、そして、誤解を招くことがあるので、違いを明確にしておきましょう。

オプションを増やすための「個人輸入」

この文脈で語られる個人輸入とは、日本市場に流通していない商品を海外から手に入れるための手段を意味します。例えばCampingstyleなどの代行サイトを使えば、海外から、簡単にジェネリック医薬品などのお薬が輸入できます。 Campingstyleが有名どころですが、他にも代行サイトはいくつもあります。それを利用し、自分で使うための物品を手に入れるのです。

商売としての「個人輸入」

面白いもので、個人輸入で商売をすることもできます。もともと、海外から物品を輸入して販売するのは、それに特化した業者によるビジネスとみなされてきました。しかし、現代ではネットを使えば簡単に海外から輸入し、それを販売することができます。個人事業主が、Amazonやメルカリなどのサイトを使って、お金を稼ぐことができる時代です。

以上の2つ違いは明確です。 Campingstyleなどを使って海外からお薬を輸入して自分で使用するのも、お金を稼ぐ手段として輸入をするのも、両方が個人輸入です。でも、それぞれの中身は全然違います。大事な違いは、自分の使用に徹するのか、それとも転売したいのか。

Related posts
ビジネス

自社の社印を作る前に考える

ビジネス

ベストケンコーでお薬を安いジェネリック医薬品に代替するという話

ビジネス

個人輸入で失敗しないための基本中の基本の話

ビジネス

個人輸入と営利目的での貿易の違いについて

Sign up for our Newsletter and
stay informed
[mc4wp_form id="14"]